森林を育て、自然と共生する営みが日本の美しさ...
その美しさを守っていきます
 

山林から製材、建築までの一貫した家造り

 有限会社今井製材所は、東濃ひのきの名産地の岐阜県東白川村で山林経営から建築製材、建築までの一貫した経営で家造りを行っています。

 歴史に裏付けられた東濃ひのきを中心に確かな材料をお客様の大切な家造りに使用します。

 

東濃ひのきとは?

 ここ岐阜県東濃地方は、海抜500〜1,000m。ひのきの生育地のほぼ北限に位置し、気温・湿度・日照・降水など、ひのきの成長に理想的な気象条件となっています。気温の寒暖の差が激しく、成長にかなりの歳月がかかりますが、その分、目の詰まった良質のひのきが生み出されます。ここで生産される年輪の細い良質の材が、「東濃ひのき」です。



 

循環型資源としての木材

循環型資源である木材を有効に使うことは、地球温暖化防止にも繋がります。

森林の木を伐採して山に光りを入れることにより、残った木が成長しやすくなります。

石油などの枯渇型資源とは違って木材は、使用する為に間伐します。間伐された森林は、日が良くあたることで残った木が成長します。また、植林をすれば小さな苗木が成長します。

木は、二酸化炭素を吸収しながら光合成をして成長します。

 

     

 

 

 

  (写真:今井製材所工場)


 

Copyright(c) 2007 (有)今井製材所  All rights reserved.

Home | 運営元 | リンクについて | 著作権 | 制作管理 |